おかねと〇〇のメモ帳

ずぼらな私の「資産運用」「おこづかい稼ぎ」「生活テク」などメモしていくブログ

「楽天カード」と「楽天銀行カード」持つならどっちがいいの?

「楽天カード」と「楽天銀行カード」持つならどっちがいいの?

本ブログに目を止めていただきありがとうございます!mimi(みみ)です。 

 

楽天カードには楽天カード楽天銀行カード」があるのをご存知ですか?

 

今回は「楽天銀行カード」前所持、「楽天カード」現所持者のmimiがそれぞれのメリットとデメリットをお伝えします!

 

 

楽天カード楽天銀行カードの共通するメリット、デメリット

f:id:Onna30:20200615201105j:plain

楽天カード」と「楽天銀行カード」には共通するところがあります!まずは共通のメリット・デメリットはなんでしょうか?mimi的にお伝えします!

 

共通するメリットとは

楽天カード」「楽天銀行カード」のクレジットカードを作る時のメリットは…

  • 新規入会&利用キャンペーンで「楽天ポイント」がもらえる
  • 年会費無料(ベーシックの場合)
  • ネットで申込ができる(印鑑など不要)

とネットカンタンに申し込みができ、新規申込キャンペーンで5,000ポイントの「楽天ポイントが獲得することができます。

 

楽天カード」を利用する際のメリットは…

  • 利用金額ごとポイントがもらえる(100円利用ごとに1ポイント)
  • 楽天市場でSPUが+2倍(楽天銀行から引落でさらに+1倍)
  • 楽天カード優待がある

楽天をよく利用する方にはポイントの還元率もよく、優待を受けれる店舗ではエントリーすると(不要の場合もある)ポイントの獲得率が1.5〜3倍になります。

※ただし、条件があります。利用の際は確認をすると良いです。

 

私が思う「楽天カード」を持っていてよかったと思うメリットは…

私の中で「楽天カード」を利用してよかったなと思うのが、楽天証券で利用できることです。通常の証券会社ではないサービスなので、利用しています。

 

関連記事

 

こちらでは「つみたてNISAの設定の仕方」や「クレジットカードでの支払い方法」などをご紹介しています。

 

共通するデメリット

楽天カード」「楽天銀行カード」のクレジットカードを作る時のデメリットは…

楽天カード」と「楽天銀行カード」の両カードを同時に所持はできませんが…

など組み合わせで持つことは可能です。

 

 高速を利用する方にとってはETCカードはとても便利が、会員ランクによって「無料」になる場合があります楽天ETCカードについては「関連記事」にてお伝えしています。

 

関連記事

 

 「楽天カード」は審査落ちする可能性はありますが、割と審査が通りやすいと言う話を聞きます。基本は18歳以上(高校生を除く)」なので、主婦の方や大学生、パートやアルバイトの方でも申し込み可能

  

よく聞くデメリットとしては…

  • カスタマーセンターがつながりづらい
  • メルマガが1日何通か来る

カスタマーセンターにつながりづらいという話をよく聞きます。私の経験上、問い合わせによってまちまちのような気がします。

 

メルマガは楽天を利用していると結構な頻度できます。楽天e-NAVI」でメール配信の停止することができます。 

 

楽天カード」のメリット・デメリット

f:id:Onna30:20200222211708p:plain

<画像:楽天カード

楽天カードのメリット

  • 楽天カードの種類が多い(切り替えも可能)
  • デザインの種類が豊富(楽天カードまたは楽天pinkカード)
  • 楽天Edyが使える
  • 家族カードが作れる
  • ブランドが選べる(カードによって違いあり)

楽天カードの場合は、ANAのマイルが貯まるタイプやゴールドカード(有料)、女性向け楽天PINKカードなど種類が豊富です。デザインや選べるブランドも多く、

自分にあったカード(ブランド)を選択できます。

 

楽天カードのデメリット

  • カードの切替時、Edy残高、Edyオートチャージが移行できない
  • カードの切替時、家族カードを再手続きをしないといけない

デメリットでは「Edy機能」をつけている方がカードの種類を変更したい場合、残高が移行できないのでオートチャージを一度解除したり、使い切ることが必要です。

 

「家族カード」を利用している方は、切替の際に再度申請をする必要があります。

 

楽天カードの中でもプレミアム級/

楽天プレミアムカードを作る

 

楽天銀行カードのメリット・デメリットって?

f:id:Onna30:20200615192734p:plain

<画像:楽天銀行

 

楽天銀行カードのメリット

  • キャッシュカードとクレジットカードの一体型
  • 楽天銀行カード所持で年金利が「2倍」になる

キャッシュカードと一体型なので、カード1枚でATMの利用とクレジットカードの利用ができる1枚あれば大体使えます。さらに楽天銀行の年金利が「2倍」になります。

 

楽天銀行カードのデメリット

楽天銀行カード」を作るには「楽天銀行」の口座を開設が必須事項です。また「楽天銀行カード」を作る際は、ブランドがJCB」のみなので、もし「VISA」や「MasterCard」など他ブランドが希望の方は「楽天カード」がおすすめです。

 

また「楽天銀行カード」を持っていて、「楽天カード」へ切り替えをしたいなと思っている場合、楽天銀行カード」から「楽天カード」への切替にはコツが入ります

 

関連記事

 

「関連記事」では、実際私が行った「楽天銀行カード」から「楽天カード」への切替手順など詳しくお伝えしています!よろしければ一読いただけたら嬉しいです。

 

また「楽天Edy」や「家族カード」はつけることができませんので、ここもどちらのカードを作るかの基準になると思います。

 

mimiの結論「持つなら二刀流」

f:id:Onna30:20200615201538j:plain

もし、私が今から楽天カードを作るなら…

楽天カード(ゴールドも可)」×「楽天銀行デビットカード

です! ネット等でのクレジットカード決済で「VISA」カード対応の場合が多いため、ブランドは「VISA」にします。

 

できるだけ楽天銀行も開設しておき、楽天カードで作ってしまったら楽天銀行カードは作れないので楽天銀行デビットカードを作っておきます。ブランドは「JCB」か「VISA」が選べます。

 

楽天銀行デビットカードキャッシュカード」と「デビットカード」が一体化しているためお買い物の利用もATMの利用もできます。

 

ゴールドカード所持の場合は、有料(年会費:2,200円)ではありますが、楽天市場のSPUがさらに+2倍になるので一定のお買い物をする方にはお得なカードです。

 

楽天市場で買い物をあまりしない方は「楽天カード」が良いでしょう。もれなく楽天ポイントをゲットする仕組みを作るならこの組み合わせがオススメかと思います。

 

今回は「楽天カード」「楽天銀行カード」のメリットデメリットをご紹介しました。もし、どちらかのクレジットカードを作ってみたいなと思っている方の参考になれば幸いです。では!