おかねと〇〇のメモ帳

ずぼらな私の「資産運用」や「生活テク」など実践&メモしていくブログ(ほぼ運用日記化しています)

【買ってよかったグッツ】暖かさ半端ない!?充電式電気湯たんぽが本当最高すぎる件。

暖かさ半端ない!?充電式電気湯たんぽが本当最高すぎる件。

本ブログに目を止めていただきありがとうございます!mimi(みみ)です。

今回は楽天で購入した充電式電気湯たんぽ」が最高に良すぎた!という話です。

 

 寒すぎて「充電式湯たんぽ」を買うまで…

寒すぎて「充電式湯たんぽ」を買うまで…

冬場はお布団に入るとき「冷たい!」と感じるときありませんか?

私は今まで「レンジでチン」して使う湯たんぽや電気毛布を使って冬場のお布団時間を乗り切っていました。

しかし、レンジでチンするタイプは朝方には本体がひんやり冷たくなり長持ちしない、電気毛布は付けっぱなしだと暑く、寝る前まで入れておいても途中で寒くて起きる…という日々を過ごしていました。

そこで新たに「充電式湯たんぽ」を購入することを決めました!…といっても本当は春秋キャンプ用に使うためという名目での購入ですが…笑

楽天市場で「充電式湯たんぽ」を購入

今回は「お買い物マラソン」開催時に割安になった「充電式湯たんぽ」を購入しました。ちなみに購入したのはこちらです。


 

こちらの商品を購入した決めた理由としては…

  • 温度持続時間が約6〜10時間(特に布団の中の場合、約10時間ほど暖かさが続くことがポイント)
  • 充電式なので使用時はコードレス
  • 充電時間が約15分程度と短時間
  • 使いやすそう
  • 購入しやすい価格と送料無料であること

…でした。お買い物マラソン中のセール品だったので即購入しました。実際購入した「充電式湯たんぽ」はこちらです!

楽天市場で「充電式湯たんぽ」を購入−1

サイズとしては、本体が「縦18cm×横26cm×厚さ3.5cm」とそこまで大きくなく、中がチャポチャポと水溶液と板状のものが入っています。

楽天市場で「充電式湯たんぽ」を購入-2

充電はトングのような充電器を本体に挟み込むように充電します。充電は平坦なところで行うことを推奨しています。

充電が開始すると、ランプが点灯し、ランプが消えたら充電完了です。充電完了後の本体に触ると暖かい…というより触れる程度に「やや熱い?」という感じです。

楽天市場で「充電式湯たんぽ」を購入-3

付属品にカバーがついているのですが、片方にクッションがしっかり入っているので使いにくいため、手元にあった「レンジでチン」する湯たんぽに付属されていたカバーをつけると…

楽天市場で「充電式湯たんぽ」を購入-4

いい感じにハマったというかこれが…シンデレラフィットというやつでは!?というくらいすっぽり収まりました。

使用するときはこの「レンチン湯たんぽ」のカバーで使用しています。このカバーを使用すると本体の暖かさが伝わりやすく、とても暖かいです!

そんな「充電式湯たんぽ」を実際使ってみてどうだったのかを感想を書いていきたいと思います。 

「充電式湯たんぽ」使ってみて…

「充電式湯たんぽ」使ってみて…

実際使ってみて感じたことは…「なんでもっと早く買わなかったんだーーー!」ということです。

充電自体は約15分で完了しますが、暖かくなったら途中で充電をやめて使っても良いので、とても便利です。

寝るときは事前にフル充電し、温まった湯たんぽを布団の足元にいれて温めておきます。

湯たんぽを布団に入れたまま寝るんですが、朝方まで湯たんぽがほのかに暖かいのです!

 

暖かさの持続力がすごく、最高すぎる!

 

また、仕事中に膝掛けと併用してお腹に当てて使ったり、家にいるときには足元において足を温めるために使っています。

とにかく暖かさが長く続くので毎日使用しています。

「充電式湯たんぽ」で残念な部分はある?

 本体がちょっと重い

本体がちょっと重い

本体自体少々重く(1kg以上あります)普段の持ち運びにはちょっと重いかな〜と思います。ただ、キャンプや旅行などに持っていく分にはいいかもしれませんね。

 

充電ケーブルがちょっと短い

充電ケーブルがちょっと短い

強いて言えば私が購入した「充電式湯たんぽ」の充電ケーブルがちょっと短いです。

1mもないので、長さが必要であれば「延長ケーブル」などを使用するのが良さそうです。近くにコンセントの差し口さえがあれば特に問題はありません。

 

電源がないと使えない

電源がないと使えない

当たり前ですが、電源が取れないと使うことができません。家や職場などでは電源を確保できますが、車内や屋外で使う場合は電源を確保できる設備を整えておきましょう。


 

車内の場合はシガーソケットから電源を取れる機器を取り付けたり、屋外の場合は大容量なポータブル電源を持っていくのがおすすめです。

 

今回ご紹介した「充電式湯たんぽ」以外にも様々な「充電式湯たんぽ」があります。もし購入を検討しているのであれば、是非自分に合った湯たんぽを探してみてくださいね!

 

◇◆ 良かったらクリックお願いします ◆◇

にほんブログ村 にほんブログ村へ